FC2ブログ

稜と桜花の調教日記

稜と桜花が徒然なるままに、思いや調教について記す場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今までのわたし 今の私

ご主人様とリアルでお会いしてから自分の中に変化がおきました

今まで写メが嫌いで、送るのも1枚がやっとのこと...
そのことで、ご主人様から注意をしていただいたら、自信をなくし、もう奴隷をやめたいと
その繰り返しでした


でもご主人様とお会いし、
"ご主人様''という存在にふれ、私はやっとご主人様を理解できたような気がしました

いままでご主人様とおもっていなかったのか...
そういうわけじゃなく、会う前もご主人様とおもっていました

でもぼやっとしていたご主人様という像がピントがあってくっきりした感じといいますか?.

ご主人様とわたしの立場の違いをしっかり理解することができました

まだまだ未熟な私ではありますが、ご主人様とずっと一緒にいさせていただくために努力していきたいと思っております。


今日は反省反省の一日でした

原因はわたしなのですが...
またまた泣いたわたし

ご主人様とリアルであってからわたしはご主人様に対して愛しているという言葉を使わせていただいておりました
ほんとうにほんとうの気持ちでございます

でもわたしから愛していると発しても、ご主人様からかえってくるのは好きだぞということば

嬉しいながら、愛しているはわたしの一方的なものなんだと解釈し、なぜか申し訳なさと虚しさももってしまったのです

迷ったのですが、自分の中のもやもやをはっきりさせたくてついご主人様にいってしまいました

ご主人様は伝えてくださっていました

でもわたしが見逃してしまっていたのです

これからは使えばいいんだろ?
望み通り使ってやるよ

と言われてしまい、そこでじぶんのしてしまったことに気がつきました

ご主人様を信じるといって疑ってしまった

もう捨てられてしまうんだ

いろんなことが、あたまをぐるぐる回りました

その結果、使っていただければいい
捨てられたくないから
という結論になり、泣きながらご主人様に使ってもらってけっこうですと申しました

ご主人様はすべてわかっていました
なぜわたしがそんな発言をしたのかも
どんなことをかんがえていたのかも
泣いていることも

あらためてご主人様を愛していることを感じました

もう同じ過ちは繰り返したくない
泣きたくないです

ご主人様を信じていきたいとおもいます

おやすみなさい

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム | 消えて欲しくないご主人様の痕>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。