FC2ブログ

稜と桜花の調教日記

稜と桜花が徒然なるままに、思いや調教について記す場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

初めてのご主人様との対面 調教

8月15日木曜日
とうとうご主人様と会う日がきました^ ^

本当は指定のブラとノーパンにワンピースの約束だったのですが、パンツを履いてしまい、乗り換えの駅でパンツを脱ぎロッカーにいれてからご主人様のもとへむかいました

電車のなかではずっとどきどき....

ご主人様からさきに到着しているというご連絡をうけ、ご主人様がまつ場所へむかいました。

あった時の印象は、画像のご主人様が目の前にいる....
というへんな感想...
それも顔でご主人様は見破っておられました
そこではじめて抱きしめていただきました

エスカレーターではご主人様のまえにのり、はじめはスカートのなかがみえないようにしてくださったのかな?とおもっていましたが、そうではなく、スカートがめくられ、クリ○リスをさわっていただきました
はじめは驚いて、だめですといってしまいましたが、ご主人様のお言葉で、快感で顔がかわらないように平常心をたもつことを頑張っていました

それからお茶をし、いろいろな話をきかせていただきました
はじめは真っ正面で見つめられることがはずかしくてあまり顔をみれませんでしたが、なれると見つめていただけることが嬉しくかんじました。
唇や耳にふれていただき、耳で感じることもはじめて知りました。
ご主人様にはいえませんでしたが、お店をでようと立った時にはもう足に伝ってきていました。
いそいでふきとりましたが....

そのあとデートをしました
10階までエスカレーターをつかい、その間も見えないようにクリ○リスをいじっていただきました
ハラハラしながらも快感がおしよせて...でも押し寄せるとエスカレーターのおわり....またはじまりのくりかえしで10階まで....
顔はいやらしいくなってしまっていたきがします...

エレベーターホールでははじめてキスを経験しました
下手な私をご主人様がリードしてくださり、たくさんキスをしました
あたりまえですがディープキスもそこではじめて経験しました
べろでキスとかあたしはできない、、、とおもっていましたがご主人様とならしあわせでした
あと今までキスよりも手をつなぐ方が絶対に幸せだもんと言っていたわたしでしたが、キスを経験するとキスってすごいしあわせだなぁってかんじました
でも手をつなぐのもだいすきです!

その後初めてのホテルへむかいました
フロントって普通に人がいるんですね!
はずかしくて隠れてました

電車の中で部屋に入ったらすぐに正装になり、正座すること、遅ければ帰ると伝えられていたので、部屋にはいる時から緊張し、はいりにもつをおいたらすぐに脱ぎはじめました

ご主人様のまえでゆかにおでこをつけ挨拶をしたあと首輪をいただきました
そしてご主人様のまえにおしりを向け四つん這いになりました。
その後ア○ルやクリ○リスをいじっていただき、お許しをいただきご主人様の足に跨りました。
そこで、乳首をつねっていただいたり、かんでいただいたりして、すごく痛かったです
いままで自分でさわっていると乳首できもちいいと感じることがなく、自分は感じない体質なんだとおもっていました。
でもご主人様にさわっていただくとびっくりするくらいきもちよくて、ほんとうに驚きました

それからご主人様の手がとまり牝犬桜花のクリ○リスをさわってくださいとおねがいし、触っていただきました
まだ経験がなかったので、指をおま○こにいれることはすごく痛かったです
経験したことがない圧迫感と痛みでどうしても逃げてしまい、怒らせてしまう場面もありました。
ご主人様に会えた喜びと、すべてにふれて欲しいという欲求で奴隷なのにご主人様にねだってしまうことがありました。
いま考えるとおかしいことだったとおもいます。
でも自分だけみてくれている、触ってくださっているご主人様をみているとすべてご主人様におまかせしたいというきもちでいっぱいになりました。

ローターをプレゼントしていただきました。
紫の振動のパターンがたくさんあるものです
それをつかいいじめていただきました
びっくりしたことがそれがおま○こにもア○ルにもはいったことです


クリップも経験させていただきました。
舌、乳首、ラ○ア、クリ○リスにつけていただきました。
自分でしたときにすごく痛かったので、逃げてしまったんですが足をご主人様に抑えられて装着していただきました。
痛かったですが、ご主人様の表情をみると楽しそうだったのでうれしく、またいじめられながらご主人様にみつめられていることにすごく快感をおぼえました。

舐めていただくことも初めてでした。
はずかしいのと快感がまざりあいました

鏡のまえでも自分の顔をみながら指をいれていただきました。
いたい中にもだんだんと快感がおこり、へんな感覚になりました。
漏らしてしまいそう、いきそう、、
でもトイレにいってもでない....

おま○こでかんじることもはじめてで、出し入れされがらご主人様の表情をみているとご主人様に支配されている感覚がありすごくうれしかったです

あとはビンタ...,
急にくるビンタは1番こわかったです
もちろん逃げてしまったり、悪いことをしたときにくることもあるのですが...

キス、だきしめてもらうことたくさんしていただきました
たくさん甘えてしまいました
ふだんはベタベタすることもなく、こんなに人に甘えることもはじめてでした
でも奴隷としてはあってはならない姿だったのかな....とも思います...

ご主人様もこんなに甘える奴隷ははじめてだ...とおっしゃっていました
申し訳ございませんでした....

別れの時間が近づいてくるとさみしくて、離れたくなくて、帰りたくないってずっとおもっていました
つぎにあえるのは来年、、、、
気が遠くなるような日数です
ヤキモチをやくことをわかっているのに、まえに飼われていた方のことをきいてみたり、、、

ご主人様ずっと一緒にいてください
離さないでください
わたしだけをみていてください
ほんとうに好きです

たくさんの伝えたいことがキスで伝わったらいいなっておもっていました

そんなときにご主人様から愛してるってことばを教えていただきました

ぴったりだとおもいました

帰るときは首輪も外さなきゃいけない、、
首輪を外したらもう会えないんじゃないか、これで終わっちゃったりしないかな、、
ほんとうにさみしかったです
涙がたくさんでました

最後にはほんとうにたのしかったとご主人様からお言葉をいただきすごくうれしかったです

また会える日をたのしみに、ご命令にしたがい生活を送っていきたいとおもいます


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ご主人様がいる幸せ | ホーム | 初顔合わせ・初調教 - 稜>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。